現実主義者のオンラインカジノ

国内のオンラインカジノで儲けた税金はどうするべきか

オンラインカジノの勝負の結果は時の運で、調子が良ければ儲かることもあります。そのときに注意しなければいけないのが、税金のことです。オンラインカジノで儲かったときには、税金を納めなければ脱税とみなされる恐れがあります。

ネット上でお金のやり取りをしていればバレないと思うでしょうが、税務署はお金の流れをチェックしているので、オンラインカジノで勝ったことを突き止めてしまう可能性が高いです。なので、税務署から何かを言われる前に自分から税金を納めた方が良いでしょう。

オンラインカジノで儲かったら税金

この場合、オンラインカジノの勝利金は一時所得として扱われます。ただし、全額が課税対象ではなく収入つまり勝利金経費は除外した。オンラインカジノを遊ぶ時の経費というと、勝ったゲームで払った賭け金に通信費、出金をするときにかかった手数料などが該当します。

その際に損益通算ができると思う人がいますが、認められません。勝つまでにどれだけ負けが込んでも、その損失はこの税金の計算では考慮されることはないです。ですから、オンラインカジノで遊んだ収支を全て計算すると赤字になったのに、さらに税金を払うということもあり得ます。

なお一時所得の計算では、50万円の特別控除があります。さらに給与所得者であれば、給与以外の一時所得が20万円までなれば深刻をしなくても良いということになっていますから、1年で70万円を超える一時所得になっていなければ、申告しなくても問題はありません。

70万円を超えて、確定申告をするときには確定申告書とともに、オンラインカジノの運営会社が発行する支払調書があれば手続きがスムーズに行きます。ただし、支払調書の提出義務はありませんし、運営会社に発行して欲しいとお願いしても断られてることもあります。

支払調書がないときには、自分で帳簿をつけて1年の収支がわかるようにしておけば代用できます。

オンラインカジノで遊ぶときには、常に記録をつけておきましょう。

ライブバカラのディーラーとのやりとり
エボリューションゲーミングと無料体験ボーナス
YouTubeやTwitterで情報収集
ロシアンポーカーについて
初心者向けスクラッチカードで遊ぶ
ライブカジノのキノの特徴
オンラインカジノのモノポーリーを楽しむ
オンラインでも遊べるルーレット
登録をする際に必要な手続きと注意点
勝率をアップのグランマーチンゲール法
ハイローラーのベット金額
国内のオンラインカジノの税金
スリンゴのルールやゲームの流れ